え~っと・・・日記です。
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年10月14日 (火) | Edit |

朝7時45分スタート!
朝は晴れ。
PA140004_convert_20081014194859.jpg
ニセコアンヌプリです。
これは羊蹄山から撮った写真です
段々雲行きが怪しくなり一瞬しか晴れ間がでない状況。
晴れ待ちを沢山しました。
PA140030_convert_20081014195302.jpg
これは羊蹄山のお釜のなかです。物凄い風が吹いております!!
カメラが風で揺れる位です。
PA140031_convert_20081014195021.jpg
一瞬雲が抜けて洞爺湖が見えました。
午後曇りです。
写真日和ではなかったきがしますが
とても有意義な登山でした
 

スポンサーサイト

2008年10月22日 (水) | Edit |

ちょっとお久しブリーフ。
行ってきましたニセコアンヌプリ頂上。
写真はどれくらいとれるかな~って探り探り撮ったので画像は荒いです。
スイマソ。

PA220008.jpg
山頂近くからイワオヌプリです。
冬はアソコを滑るぞ~ってラインとりながら見てました。

PA220010.jpg
山頂から。ガスが800m付近からあがってきてました。
全部はみえなかったけどこれはこれで良かったです。
冬はしょっちゅう見てるのにだいぶ感じが違います。

PA220011.jpg
鏡沼が手前に見えますね~!
冬は沼がペターっとしかみえないからこういう感じでみるのもいいね~。
ジャクソンがアソコであ~いってとか考えてると楽しかったです。

今年は登るぞ~~!!
 



2008年12月25日 (木) | Edit |

昨日友人S達とニセコアンヌプリの裏にあるイワオヌプリに行ってきました。
最初は平坦な夏道の上をワシワシ歩き快調でした。
PC240002_convert_20081225140656.jpg
天気は曇りで個人的に雪質が変わりにくいので好きです。
ですがだんだん風が強く吹雪に変わりました。
雪質は上に行くにしたがって不安定になってました。
PC240008_convert_20081225140920.jpg
まだ雪があまり付いてないので密林の中を上っていき写真の頃に木がなくなってきました。
山頂が見えないので色々友人Sと話ながら山頂を目指しました。
初めてのルートはドキドキでとても楽しかったです。
やっとの思いで山頂につくと猛吹雪。
PC240009_convert_20081225141530.jpg
友人Sです。僕と変わらない姿となってました(笑)
残念ながら滑っている写真はありませんが
初めてづくしのとても楽しい時間でした!



2009年01月06日 (火) | Edit |

片道250円のリフト券。安い!!
さすが町営。
朝一は車3台しかなく空いていました。

リフト始動待ちしてる時にハネムーンの夫婦とお話しテンション
井上さん今度一緒に滑りましょうね!!

リフトをおりスノーシューを履いていざてっぺんへ
P1060002_convert_20090106155113.jpg

軽い雪が腰までありちょっと進むだけでも疲れました。
しかも1人でトライしたので常にラッセル隊長(笑)

P1060004_convert_20090106155323.jpg

つまり写真のように後ろ向いたら僕の足跡しかありません。
しばらくしたら遠くにNACのツアーが・・・
先に上ってくれればらくだったのにな~

そんなこんなで1時間50分後着きました。
P1060007_convert_20090106155534.jpg
山頂です。
 
風も山頂付近は強く、北西の風でした。
良さそうなのはその反対側の斜面。
でもあえて南側に下りて探検しました

もちろん深いパウダーで楽しかったです。
途中ヤラれたけど(笑)

その先・・・平坦。

P1060010_convert_20090106161023.jpg

はいっ!またスノーシュー

今年初のチセヌプリでした

その後アンヌプリ行きました。
写真は大沢です。
P1060014_convert_20090106155700.jpg


L字行った後この大沢付近で滑りました。
とりあえず下のトラバースができてるかのチェックで!
できてるので楽しく写真の大沢の向こう側を。
沢山ラインが入ってましたがない所を選んでエントリー!

良かった~

今日はある意味当たりでした
足は疲れたけどね!


家に帰ると・・・
晴れてる~
つららもこんなに成長しました。

P1060001_convert_20090106155932.jpg

綺麗な景色が一杯見れたので心が癒されました
 



2009年01月12日 (月) | Edit |

朝窓の外を見たら晴れ
天気予報の今は曇りだけど・・・晴れてますけど!
弁慶岬で南東の風4m。

じゃっ!

っていう事で羊蹄山に行ってきました。
P1120001_convert_20090112165635.jpg

ひらふ口です。8時55分
他の方は足跡みると夏山登山道に向かってますので
何もない所目指していきました(笑)

P1120003_convert_20090112165923.jpg

テロンテロンです。
天気も日焼けするんじゃないか!?
と思うくらいいい天気!!

誰も歩いてないのでちょっと大変です。
なにせ1人登山ですから
今年は筋トレ&修行です!

しばらくあっちゃこっちゃ行くと開けた所にでたので
ここでキャンプできるんじゃないかな~思いました。 9時42分
P1120006_convert_20090112170219.jpg
 
しばらく木の間を歩くこと70分くらいに
やっと視界が開けました!!
そしてまたテロンテロンな所にでたので11時10分
P1120010_convert_20090112170327.jpg

いや~美味しそう
この辺でなんだか物凄く暖かい感じがしました。

坂もキツクなり小刻みに上っていくと
マッシュのようなキッカーのような所も見つけちゃいました!!11時50分
P1120013_convert_20090112170604.jpg

だんだん風が出てきました。
予報も曇りなので判断する時かな~と思いつつ上っていきました。

また視界が良くなったので頂上付近を見上げると
風吹いてる~~~。雪もあまりついてないな~
P1120017_convert_20090112170759.jpg
 
という事でちょっと登って登山は終わりにしちゃえって事で
ココでスタート!!12時30分
P1120020_convert_20090112170909.jpg


わ~い!最高!!(≧▽≦)ゞ


でもあまりスピードでない・・・

ん??

止まる!?


やってしまいました・・・

雪・・・重し・・・

ポール使いながら
エッサホイサ!!

二の腕全開!!

おりゃ~~~!



ハイ!終了。

板脱いでまたまたスノーシュー。
下りもスノーシュー

一人で登るとデメリットいっぱい
登って来た所も踏み切ってないので走りません。
昼過ぎると雪質も重いくなり追いムチ

最初に誰も行ってない所を選んだところからミスチョイス!!

下りで汗ダラダラ


なかなかのお初の羊蹄山でございました



800m付近でニセコアンヌプリを撮る。
P1120018_convert_20090112180227.jpg



2009年02月11日 (水) | Edit |

朝一は晴れ
でも登山口に付く頃には山頂はガスっていました。
4年ぶりの墓地の沢あがり
ウキウキです。
登り始めると800mから上がもうガスりました。
P2110001_convert_20090211164926.jpg

しばらく登り葡萄の木やらタラの木をみて感動。
さらに友人Sが教えてくれた「猿の腰掛」。
P2110004_convert_20090211165038.jpg
ん~
座れません

これはナラかな~
P2110005_convert_20090211165246.jpg
もう芽っぽいのが・・・
まだ2月ですが・・・

遠くにルスツが見えます。
個人的に羊蹄山から南西側をみるのは好きです。
P2110006_convert_20090211165514.jpg
 
休憩をしながらひらけている所まできて振り返ると
なかなか今日の天気のわりにはよかったので
P2110010_convert_20090211165817.jpg
山の方はココから上ががっつりガスってました。

1600mまでくるとホワイトアウトに近い状態になりそうだったので
ココでお昼する事になりました。
友人Sが作った雪キッチン。
P2110012_convert_20090211165932.jpg
雪イスに座り作ってきたおにぎりやココで作ったコーヒーを頂きました。
雪山のコーヒーは最高ですよ

色々お話して、さ~スノーボディング!!
視界はさらに悪くなり気がないとどこ滑ってるか分かり難い状態。
でも自分達が登ってきたラインを目安に楽しみました

登ってる時は最悪なイメージでしたが滑りだしたら
以外と雪質も良く標高800mくらいまで快適でした。

途中で登ってくる人達を見ました。
今日・・・混んでる・・・

そこから下はなんだか足が疲れるくらい大変な雪質でした
上部分が面白かったので下部分の疲れは吹っ飛びました

登り口まで帰ってくると・・・
普段は1台か2台ですが
なんじゃコリャ!?
P2110019_convert_20090211170155.jpg
9台!?
しかも先に下りた人達もいたので全部で10台・・・

大人気です

と思ったら今日は祝日。
なるほどね
そりゃ混みます。

世の中の祝日が全く頭に入っていない僕でした
 



2009年06月19日 (金) | Edit |
 
今日は朝から天気も良く気分良く山登りできそうです
イワオヌプリ登山口に着くと上は雲がありそうです。
aイワオヌプリ

では早速登ります
bイワオヌプリ

ちょっと曇り空が向こうから来ているのがわかります。
ちょっとハイペースで5分くらい登ったら・・・
cイワオヌプリ

疲れました

目の前には急な登り階段
dいわおぬぷり

がんばるぞ~~~

なんとか登りきったところで
ムラサキヤシオツツジ
を見つけました
eムラサキヤシオツツジ
 
さらに
ツバメオモト
も見つけました
fツバメオモト

いっぱいありました
皆植物の名前を連呼しながら登っていました。
gいわおぬぷり

ちょっとコボケを入れながら・・・
どうも大沼です
hイワオヌプリ

まだまだ残雪があり歩く所を気をつけていきました。
iいわおぬぷり

今年はまだまだとけません
ちょっと見上げると
チシマザクラ
が花を咲かせています
jチシマザクラ

可愛いな~
さらに登っていくと
ウコンウツギ
を発見!!
kウコンウツギ

クマンバチが蜜を集めていましたよ
その先には小イワオヌプリが見えました。
lイワオヌプリ

何故かカッコイイ山って思いました
けっこう長く見ていました
ちょっと足を進めると
カラフトイソツツジ
を見つけました
mカラフトイソツツジ

これはこの名前であっているのかな~
確信が持てなかったけどたぶんあってる
そんなこんなでゆっくり写真などしてたら
おいてかれました
nイワオヌプリ

向こうで大丈夫か~って言ってます

そんな中冬山のためにボウルをチェック
pイワオボウル

ああやって滑るか~とかイメージトレーニング
冬が楽しみです

また歩き出すと早い!!
qイワオヌプリ

僕はマイペースでゆっくり
この辺でいたる所に硫黄の粒が落ちてました。
o硫黄の欠片

(ハンドモデルはカモちゃんです。)
その後には大きい欠片が
P6190033.jpg

いっぱい付いてる~~
って感動しながらこれが金なら皆持って帰るね!
とヘナトさんと話しながら皆を追って行くと・・・

着いた~~~~
q山頂

山頂でございます
ちょっと気持ちが弾みました。
振り返ると・・・
rRenato

バナナ食ってる~~~
さすがチームバナナ隊長!!
ドライスーツの色だけで
バナナって言っている訳じゃないのですね

小休止も終わっておりるか~ってなると
ガスった~~~
地面赤い~~
sイワオヌプリ

ちょっとガスってテンション落ちました。
でもすぐに地面をみて鉄分入っているかな~思って
ガスッたのは全然気にしてませんでした
そしてちょいココでお茶目感。
tイワオヌプリ

特別な意味はないです

足元にはちいさな
コケモモが
uコケモモ

とても可愛かったです
秋には食べれるかな~

ガスっていましたがこの辺で少しずつ晴れてきました。
vイワオヌプリ

遠くには大沼がちょっと見えました
w大沼

日本海も見えます!
晴れてイワオヌプリが綺麗に見えました
xイワオヌプリ

ちょっとニセコじゃない感じがしました
そして足元を見ると登るときには気がつかなかった
ハクサンチドリ
を見つけました
yハクサンチドリ

なんかヒョロロ~ンとした花でございました
どんどん下りるとまた見つけられなかった植物
エイレンソウ
を見つけました
zエイレンソウ

この花はやる気を感じまっせ~~ん
でもこういう花なのね~
あとは
オオカメノキ
でございます
オオカメノキ

たくさん山にあるので、すぐ覚えられました

そして麓のまで下りてきたので
皆でランチ
お昼ご飯

身も頭も疲れたのでランチは良いリフレッシュになりました
 
山登りって面白いです
 


2009年09月11日 (金) | Edit |

登山といえるかわかりませんが・・・
ゴンドラで800mまで快適に行きました
エース第2

天気も晴れ
雲はあるものの視界はそこそこいいです
ヒラフ800m

800mにこんな物があるなんて気付きませんでした
カメラ台

ちょっと可愛いのでこっちを撮ってみました
そして看板が出来てました
820m看板

ふむふむ・・・次回は鏡沼かな

高原には種類は少ないですが花が自生していました
ヤマハハコです。
ヤマハハコ

そして冬はパークも出来る白樺コースを
歩いてみました
白樺コース

夏もここで写真撮るとなかなかいいね
そして鐘をならしてUターン
こんな晴れてても肌寒かったダゼ!
800mまで帰るとヨツバヒヨドリがいっぱいありました
ヨツバヒヨドリ

そして僕の大好きなエコルへ
ナラタケ、モミタケ

わお~旬なキノコ~
ガイドのキヨシ君と話してこの間のキノコの話になり
前のブログ↓
http://niseko3rise.blog39.fc2.com/blog-entry-289.html
の中にあるキノコは
カオリツムタケ
ではないかな~という結論に
あくまで個人的見解です

そしてキヨシ君が今朝採ってきたキノコで記念写真
デカッ!!
モミタケと僕

僕の大きい頭が小さく見える~ぅ
キノコ様様ですw


午後は修旅を楽しんでました

家に帰る時に綺麗な夕陽を見ながらだったので
着く頃には沈みかけw
僕流に撮って見ました
090911夕暮れ

それなりに気に入ってます
明日は休みだ~~~
 


2010年02月23日 (火) | Edit |

本日は友人と羊蹄山に登ってきました~
ゲレンデさえもあまり滑ってないのに
という事で墓地ポイントから上がる事にしましたw
出発~!
前回の墓地と一緒ですがコースを神社側にしましたw
なんと・・・6,7年ぶりのコース
でも若い時の記憶って意外と残ってますね
通って行くと色々思い出しましたw
白樺ポイント
ココをこう行って・・・こっちは沢が深くてとか。
最近の記憶は殆どないのにw
色々楽しくなってきました。
ですが・・・さすが体はオッサン
標高700m過ぎくらいからバテバテ
長~い木っ!!
全然足が上がらなくなりシンさんとラッセル交代
さすがシンさんワッシワシ登って行きますw
ちょっと楽して後ろからついて行き山麓の方を見ると
真狩町が見えますw
真狩町が見えましたw
出発前は視界はそんなによくありませんでしたが
かなりよくなりましたw
天気予報通り。

僕の体力がなくなってきたので
標高980mでランチ


1889mある羊蹄山の約半分の所でしたが
何も鍛えてないオッサン二人はココで折り返し
天気も予報通りでしたが風が強くピークは断念。
そうオッサンは無理しないが定番となるのです
半分でいいじゃない
じゃ滑るゾ~~~~


メローないい感じです。
とてもヒラフエリアでは味わえない
ゆったりとした時間です

ではお次は手持ちで撮ってますので
酔わないように見て下さい


そうアソコの砂防ダムで止まってしまいましたw
二人ともソコで合流し、ハイタッチ
重かったけど楽しかったダゼ~って感想にw

その後は走らない平らな斜面をのんびり帰ります。
帰り道ふと見上げると
むむむ・・・
足が痛い・・・
正確にいえば土踏まずが・・・
滑ってない証拠ですね

見事スタート地点まで戻り
羊蹄山にお礼をしようと振り返ると・・・
羊蹄山のピークが見えた~w
山頂見えてる~
行きたいとは思いましたが・・・
山頂付近をみると・・・氷の塊みたいのがいっぱい見えます
そして雲が左から右へとビューッと吹いてます。
遠くの右の雲は左に流れてます
見た目は風速20mは吹いていそうです。

山頂無理して行かなくて良かった~
と風のせいにしました
 


2010年07月15日 (木) | Edit |

日の入りを見に橇負に登りに行きました
最初は何てことないわ~と思っておりましたが
意外と面白い
登っている最中にこんな植物をみつけたりして
テンションあがりましたw
先だけ赤い

なんで先だけ赤いのだろう???

中腹ぐらいになるとルスツリゾートにも影が差してきて
ちょっと感動
橇負の中腹

山頂付近では尻別岳が横から見えて
なんか感動
尻別岳

さらに10分くらいで夕日がいい感じになりました。
夕日プチ


その頃に視界が良い所に到着
山頂付近で

皆でそこに10分くらい滞在。
夕日プチ2

留寿都村を上から見るの初めてで
色々トークしてました

さらに上に行こうという事になり30秒後。
羊蹄山を見るとなんと素敵
重機と夕日と

ベンチがあってゆっくり見れます
羊蹄山と夕日

山頂ではルスツリゾートのライブカメラがあり
その前でお茶目になりましたw
山頂のライブカメラの前で

僕もこの後参加してます
一瞬なのでアップはされてないでしょう
そして夕日がクライマックスに
クボッポとユキちゃん

またちょっと下ってサンセットをより近く見ようという事になり
移動すると・・・
サンセット

とても綺麗なサンセットでございましたw
西側では面白い雲が広がり感動しました
雲のライン

是非また行きたいと思います
 


2010年09月15日 (水) | Edit |

今日はお泊り込のプランで登りたいと思います
この為に寝袋も買いました
勢い込んで行くと羊蹄山は・・・
半分から上は厚い雲に覆われておりました

下の方は天気が良いとか登る時曇りの方が調子いいと
励まして行きました
今日はToya Guide Centerの人も登っているハズ
がんばるぞ~

それでは早速登り始めると
以外と楽ではなくビックリ
一合目

1号目まででヤラれました
3合目まではかなり天気も良く
汗が並みじゃないくらい出てビッショリ
こりゃどうすんべかな~
思ってると・・・
どこかで聞いた声が・・・
オオニシさんだ~
戻ってきてる~~~~

どうやら登っている最中で足がつって
道横のササのジャンプインしたそうです
それでササの妖精みたいなったので
帰って来たそうです
TGCと会いましたw

そこで水2Lとお菓子とぶどう糖を貰いましたw
こんな所で給水出来るとは・・・
オオニシさん面白すぎです
四合目過ぎのボンバーヘッドの木
 
歩みを進めるとすぐ雲の中に入り
景色は灰色一色
足取りは重く2時間・・・
晴れ間が一瞬差したりして
回復傾向
でもまた雲に呑まれます
八合目過ぎの小道

9号目付近になると天気は一転
晴れてきたぞ~~~~
九合目過ぎ

やっぱり景色が見れないと面白くないね
雲はどこかに行ってしまうと目的地もはっきり見えました
避難小屋

歩くスピードもあがりトットコ歩いてると・・・
着きました~~~
避難小屋到着

中に入り管理人さん(コンドウさん)とお話をしました。
避難小屋の中

色々相談したりして明日のプランを検討し
日の入りが見たいと言って外に出ました
夕暮れ時期を満喫
避難小屋から山頂登山道を見る

その満喫映像をどうぞw


この感じが大好きです
こういう景色が見たい為だけに山小屋で働く事を
悩んでました

もう今ではその夢は難しくなりましたが
夢っぽくなったので感動しました
 
山っていいな~
 


2010年09月16日 (木) | Edit |

3時半起きして準備。
小屋の中も真っ暗でございました
夜は雲で星空は見えませんでしたが
綺麗に見えました

登り始めて星が見えなくなってきたな~
思っていたら白み始めてきてました
夜明け
 
雲のラインを気にしながら岩場を歩いていると・・・
デタ~~~
ご来光

とても綺麗ですw
雲海チックな感じの日の出もいいです
その映像はコチラ↓

 
この一瞬と言いますか
この時って言いますか
最高です
三文の得よりもっと得してる気になりますw

そして振り返ると
羊蹄山の影が雲海の上に出来てる~~
海も見える~
釜の中の雲も見える~
ということでカメラを回してみました


凄い偶然を見た気がしました

後ろから迫る雲達にハリーアップを出されながら
羊蹄山山頂で
羊蹄山山頂

その後雲がバシャーってかかり
雲のカーテンが出来ました
そしたら僕の影の頭に丸い虹がかかりました
後光

僕もとうとう後光が出るようになりました
 
気分は良くなりましたが天気は悪くなり
めっちゃ曇り。
湿度服がじんわり濡れるくらい

休みながら下って行くと
六合目くらいで晴れて
気分も回復
6合目付近

そして五号目でなんと・・・
Toya Guide Centerの同じ人に会いました
昨日が悔しかったのかリベンジです
TGCリベンジ

昨日貰った水も半分は飲んでいたので
500ml返し、お菓子も半分返しましたw
オオニシさん曰く
こんな所で給水出来るとは!

元気を貰いました
それにしても昨日の今日で登るなんて
凄いと感心しました
 
オオニシさん達とお別れし無事に下山。
羊蹄山と山を管理している方々に感謝

だいぶ疲れましたが
とても心が満たされました
今日は買い物行って
もう寝ようかな

それにしてもオオニシさん達登れたかな・・・
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。